01

採掘

MINING

石灰石は露天掘りでのベンチカット法により採掘しています。まず、油圧ドリル(穿孔機)で採掘ベンチの高さ(10m)に合わせて発破孔(直径約10㎝)を穿孔します。この孔に爆薬を装填して発破を行います。発破により起砕された石灰石は、油圧ショベルによって、鉱石運搬用ダンプトラックに積み込まれ、給鉱槽へ投入されます。

砕石積込みの様子

02

破砕・選鉱

CRUSHED and BENEFICIATION

給鉱槽へ投入された石灰石は、クラッシャーやスクリーンによって、破砕・ふるい分け・水洗され、サイズ別に製品タンクへ貯鉱されます。 製鉄向けの10-30㎜・20-45㎜・40-80㎜や、土木向け骨材として、40-20㎜・20-10㎜・15-05㎜・20-05㎜ などのサイズに分けられます。

破砕プラント

破砕プラント・出荷ダンプトラック

03

出荷

SHIPMENT

白木谷で生産された製品は、当社の運搬専用道路を経由し、海岸砕鉱場、高知新港、および地元需要先である各生コン工場へ全量ダンプトラックにて運搬されています。海岸砕鉱場においては、他社からの原石と共に破砕・選別・水洗による製品化及び鉄鋼焼結用石灰石粉の生産と船積作業を行っています。高知新港においては、シップローダーにより国内・国外向けに船積・出荷を行っています。

海岸砕鉱場

シップローダーによる船積

04

環境保全

ENVIRONMENTAL PROTECTION

露天採掘した跡地は、樹木等が失われた状態になりますので、採掘前の自然環境に戻すことを目指して、植樹等を行い自然回復緑化に取組んでいます。約10年前から取組み、これまでの植樹数・種類は40万本・100種類を超えています。

植樹1年後

植樹8年後

05

その他の取組

OTHERS

南国市とヘリポート使用に関する災害発生時における協定を締結しています。当社の集積場頂上広場を提供し、そこにヘリポートが建設されました。救急搬送や物資輸送等への活用が想定されており、日ごろから消防や県警による離発着訓練が行われています。

ヘリの降下訓練